50代からの本気ダイエットを応援します

50代ダイエットのための情報まとめサイト  » 日常生活でできる50歳からのダイエット法 » 食事編

食事編

ダイエットはもちろん、健康的な生活を送るための一番のポイントが毎日の食事。
日常生活でかんたんにできる、50代のための食生活のポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

50代のダイエットでおさえておきたい食生活のポイント

その1:食事は1日3食きっちり摂る

食事は1日3色

ダイエットを行ううえで最もやってはいけないことが、食事を抜くことだそうです。中でもポイントは、朝ごはんをしっかりと食べること。

午前中は食べ物を消化しやすい時間帯のため、栄養をきちんと摂ることで、一日中元気に過ごすことができます。逆に朝食を抜くと、昼間にドカ食いをしてしまい、太りやすい体質に…。

その2:腹7分目を心がける

よく食事は腹8分目が良いと言いますが、50代になってからは7分目で充分!

歳をとることで消化力が低下してしまうため、軽やかに動くためには「少し足りないかな…」くらいが丁度良いようです。少食は長生きの秘訣とも言われています。

その3:ご飯やパンはなるべく最後に食べる

パン・ご飯は最後にパン・ご飯は最後に

ご飯やパンなどの糖質が多い炭水化物は、食事の最後で食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぐことができるそう。食べ過ぎ防止にもつながります。

その4:野菜&乳製品は毎日摂る

野菜・乳製品は毎日摂るのがベスト

骨粗しょう症を防ぐためにも、乳製品は歳をとってから積極的に摂りたい食品のひとつ。同じく野菜も健康には欠かせないものですよね。

たくさん食べても太りにくいので、肉や魚より野菜を多めに食べるのがベスト。

その5:納豆や青魚など、栄養価の高い食品を取り入れる

納豆、イワシ、サバなどの青魚、EXバージンオリーブオイルをはじめとする良質な油も、ダイエットには最適と言われています。

青魚は積極的に摂り入れよう

若返り効果もあるそうなので、是非とも取り入れたいものです。

本格的にダイエットをするならプロの食事指導は必須

日常生活で自分なりに食事に気を遣うことはできても、なかなかそれだけで痩せることは難しいですよね。

おすすめはダイエット外来

とくに10キロ以上の減量を目指す場合、急激に食事内容を変えることで、体調を壊してしまう人は多いそうです。

また、痩せやすい食事の摂り方も人それぞれ違いがあるようなので、本格的にダイエットをする場合は、一度、肥満外来などで自分に合った食事法をアドバイスしてもらうのがベストです。

50代の管理人がおすすめのダイエットは…>>

 
無理なく健康に!50代のダイエット成功ガイド